牛革バッグができるまで

shareShare on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someone
A.本体革の裁断
一枚革、国内タンナー(なめし革業者)の個性的な革を使用。
白い紙は型紙。一枚革に型紙を乗せて裁断します。
革切り包丁で前面部分を裁断中、経験と勘がものを言う、職人の腕の見せ所
シワ(トラ)のある部分に注意しながら大きなキズ部分を避けるようにする。
裁断の仕上げへ。千枚通しの印はハンドル部分の縫製の為の目印として使用する。
底面部分を裁断中。
底面部分の切り込みの“あたり”(目印)をつける。
後々出てくる革を漉(す)く、薄くする場所の目印。


取っ手(ハンドル)部分を幅切り定規を使って裁断。
取っ手(ハンドル)部分に使う。綿テープを裁断する。
大まかな本体の革の裁断は完了。


B.裏地の裁断
革切り包丁が常によく切れるよう磨ぎ直しをこまめにする。
裏地の裁断準備
革切り包丁やローラーを使い、裏地を裁断中。


革と裏地の裁断完了。


C.ファスナー・マスヤマーク・革小物の制作
ファスナー制作中、長い方が本体天ファスナー、短い方が中の裏地につけるファスナー、スライダーを差し込み、ファスナーのエンドを取り付けます。
マスヤオリジナルマークも完成。
革抜き機です。ファスナーの取っ手部分の金属ワクをプレスして抜きます。


裏地のファスナーのまわりに付ける革を製作中。幅切り定規などを使い完成させます。
最後に裁断面にコバを塗って仕上げます。
先程、革抜き機で抜いた部分とマスヤマークもコバを塗って乾燥中。
奥にあるのは、取っ手(ハンドル)部分の革とナイロンテープ。革はコバを塗ってあります。


D.バッグの底部分を製作中
バッグの底部分を製作中。白い部分が芯材でサイズの違う、2枚をのせている所。型くずれしにくくなる。
革漉き機で、バッグの底部分のまわりを漉いて(薄くして)います。漉きの角度も場所によって変わり、機械の調整をこまめに行います。
バッグの底部分の漉きが完了。


バッグ本体革部分の漉きが全て完了。


E.裏地にファスナー等を取り付け仕上げ
裏地のファスナーまわりを両面テープとローラーで仮止め作業中。
平台ミシンで裏地のファスナーまわりを縫製中。バッグが大きくなればなるほど“振りまわし”が多くなる。
裏地が縫製完了。手前の白いテープは使用時の負荷を軽減する為の補強テープ。


F.ハンドルの縫い合わせと底部分の仕上げ
綿テープの上に革をのせて両面テープでショルダー部分を仮止め中。
バッグの底部分の両面テープをはがしている所。強靭で美しく仕上げる為に“へり返し”で仕上げています。
底鋲をかしめている所


取っ手(ハンドル)部分の綿テープと革を腕ミシンで縫製中。


G.ハンドルと表面、後面の革を縫い合わせ
本体革の裏側で白のテープは、補強テープ。最も力のかかる部分の負荷を分散させる為、このテープを使用する事により本体部分が伸びにくく、切れにくくなる。
持ち手部分を本体の革に両面テープで仮止め。
先程の仮止め箇所を腕ミシンを使い縫製中。


底の両側に両面テープを貼り、本体との仮止め準備中。
本体とハンドル部分を縫製後、裏から見たもの。
一番負荷のかかる所は、テープの交差している所。


H.表面と底面と後ろ面の縫い合わせ
本体表面と底面と本体後ろ面を縫い合わせ中。
縫い合わせが完了した所。
天ファスナーにつけるエンドの革を縫っている所。革をつける事により、完成品の雰囲気も変わってくる。


本体表面と後ろ面を平台ミシンで縫い合わせ中。
本体、横部分、縫い合わせ完了。


I.底つまみを縫い合わせ、革袋完成
本体裏面よりローラーで仕上げる。表から見た“へり返し”がきれいになる。
本体の“底つまみ”部分を縫い合わせ中。
ここまででハンドル付きの革の袋になりました。


J.革袋と裏地の仮止め作業
天ファスナーが入る、革の部分を両面テープを貼り仮止め作業中。
裏地にボンドをつけて本体との仮止め作業。
仮止め完了。


K.天ファスナーの革と本体袋の仮止め作業
天ファスナーと革を縫い合わせ中。
本体との仮止めの為に両面テープで準備中。
仮止め完了。


L.腕ミシンで上部を縫い合わせ完了
最後は天ファスナーの革と本体の革との縫い合わせです。
完成です。


M.完成

完成です。

【職人】 鷲津一郎いわく 『見えない所にどれだけ手をかけているかが大事』
【専務】 立見文治 『縫製にかける時間は僅かで半分以上は手作業です。腕の良い、日本の職人の
革カバンを提案し続けたい。』
鞄職人 鷲頭一郎
鞄職人 鷲頭一郎
鞄職人 鷲頭一郎 プロフィール

  • 昭和32年 港区高輪生まれ。
  • 昭和51年 「イビザ」にアルバイトとして入社、鞄作りを始める。
  • 昭和60年 鞄メーカー「クラブハウス」に籍を置き、1ヵ月半イタリア、スペインなどの鞄職人の仕事を見て歩く。
  • 昭和62年 デザイナー吉岡克氏の「スタジオバッヂ」入社。
  • 平成12年 独立、「アトリエ グリフォ」設立。

親方について修行すること無く、出会った人から鍛えられ独自に学んだ技法で高い信用を得て、名店の看板を守っています。これまでに培ってきた確かな腕で1点1点、丁寧に作り上げています。
一針一針、心を込めて縫い上げる仕事はいつも全力投球です。